初心者講座 特化型ブログアフィリエイト

アフィリエイトでブログ記事・文章が書けないときの具体的な解決策

2016/10/18

keyboad

アフィリエイトをしていると、「記事が書けない」という悩みにぶつかることがあります。

「文章が書けません」

と言う人も多くいます。

何を書くべきかはわかっていても、「文章」そのものが出てこなかったりします。

ブログの記事が書けないというのは、アフィリエイターとしては非常に重大な問題です。

ですが、このような悩みを抱えている方はとても多いです。

私も、始めた当初は何を書けばいいのかわからず、1行だけ書いてその日の作業を終えてしまったこともありました。

書くべき内容、キーワードなどについて下調べをして(インプット)、あとは書くだけ(アウトプット)という状態にもかかわらず、文章として出てこないのです。

そして、ネットで調べてみると、同じような悩みを持つ方がたくさんいらっしゃることがわかりました。

「記事が書けない原因はインプット不足」は本当か?

ブログの記事・文章を書くために、さまざまなサイトを見たりもしました。

そして、改善策としてよく見かけるものに、

「記事が書けないのはインプット不足だから。
インプットを増やせば、アウトプットは自然に出てくる」

という説がありました。

インプットというのは、この場合にはブログ記事を書くための知識を仕入れることを言います。

特化型トレンドブログなどで、自分の知らないアニメや映画について書こうと思うと、必ずインプットが必要になります。

知識や情報を仕入れないことには、記事が書けないからです。

自分の得意分野について書いているのであれば、あらためてインプットする必要はないかもしれません。
その場合には、自分の中にすでにインプットされている情報を記事にします(アウトプット)。

「アウトプットできないのはインプット不足が原因」

最初にその指摘を読んだ時には、「なるほど」と思い、1つの記事を書くために、もっともっと調査をするようにしてみました。
インプット量を増やそうと思ったのです。

すると、ネタを羅列しているファイル(ネタ帳)の中身は倍増しました。

ですが、依然、文章は書けませんでした。

試しに自分の得意分野について書こうと思っても、やはり文章は出てきません。

 

さらに試行錯誤をしましたが、ある時ふと気づきました。

インプットがあるのに文章にならないのは、別のところに原因があるのでは? と。

 

「アウトプットできないのはインプット不足が原因」

この言葉、よく読んでみれば、当たり前のことを「それっぽく」言っているだけなのです。

「自分が知らないことについては、文章は書けないでしょ?」と言っているのと、同じです。

「インプット不足が原因」と言われて改善できる人がいるとしたら、それは

今まで記事を書く前の調査をしていなかった人、

または、

調査が足りていないため、十分な文章を書くに足るネタがない人

ということになるわけです。

そういう人は、まずインプットを増やせば解決できるでしょう。

 

ですが、アフィリエイトに真剣に取り組んでいる人で、さすがに事前調査なしに記事を書き始める人はいないです。

ほとんどの人が、キーワードなどを元に記事の内容を決め、事前調査などの準備をしてから記事を書き始めるはずです。

ですので、「アウトプットできないのはインプット不足!」

という指摘は、

「インプット(調査)しているにも関わらず記事が書けない」

という人の解決策にはならないのです。

 

では、インプット不足が原因ではないのに文章が書けない場合、どのような原因が考えられるでしょうか?

原因1. アフィリエイトの記事には「考慮すべきこと」が多すぎる

アフィリエイトの記事は、稼ぐための文章を書かなければなりません。

好きなように日記を書いて稼げるわけではありません。

アフィリエイトで稼ぐためには、記事には、稼ぐために考慮すべきことがたくさん潜んでいるのです。

例えば、記事のタイトルひとつとっても、

  • クリックしてもらいやすい記事タイトル
  • SEO(検索エンジン対策)を意識し「メインキーワード+関連キーワード」を含んだ記事タイトル
  • キーワードを入れても長すぎない記事タイトル

最低でもこの3つぐらいは意識しなくてはなりません。

さらに、記事本文では、

  • 読みやすい文章構成
  • 商品を買う動機となる文章設計
  • 良質な文章
  • ユーザーに価値を提供できるコンテンツ
  • SEOを意識した文字数
  • キーワードにマッチした内容
  • ライバルサイトに負けないコンテンツの質と量

など、最低でもこんなにたくさんのことを考えなくてはなりません。

アフィリエイターとしては、これぐらいは考慮しないと稼げません。

ですが、最初の頃は、これだけのことを守って文章を書くというのは、非常に難しく感じます。

「文章を書く前に設計を組み立てなくてはならない」

などと考えはじめると、1つの記事を書くのに何日もかかってしまいます。

原因2. アフィリエイトの記事作成には効率を求められる

検索エンジンにインデックスされ、ブログの評価が安定して上がってくるまでは、できれば記事は1日1本以上書いた方がいいです。

これは検索エンジン対策上、必要なことです。

ですが、上に書いたようなたくさんのことを考慮しなくてはならない、となると、1日1本などというのは到底無理、と感じる方もいるでしょう。

そして、ブログ記事を効率よく更新していかなくては…と焦り始めます。

タイトルや記事の内容というハードルだけでなく、「時間」というハードルも加わり、どんどんハードルが高くなっていきます。

焦れば焦るほど、文章が出てこない、という状態です。

記事が書けないときの解決策

「考慮すべきことを減らす」

これが一番の解決策です。

なんだ、そんな単純なこと…と思われるかもしれません。

ですが、まずは調べたネタを元に、何も考えずに書いてみる、これなら簡単にできるのではないでしょうか?

アフィリエイトでは「○○を考慮した文章を書くべき」などの情報が多すぎます。

もちろん、間違いではないのですが、その条件にしばられすぎて文章が出て来なくなってしまうのでは本末転倒です。

まずは、「こうすべき」の条件を取っ払って、「書けることを書けばOK」と自分に許可を出します。

簡単にアフィリエイト記事を書く具体的な方法

では、具体的に「簡単にアフィリエイト記事を書く方法」について解説していきます。

例えば、新しい基礎化粧品が発売されて、その記事を書こうと思います。

調査した結果、以下のようなことがわかっています。

  • 商品名は「メディエイジング(仮想商品名です)」
  • 40代からの基礎化粧品
  • 化粧水、乳液、美容液の3点セット+洗顔フォームなど
  • しわ、シミ、くすみ、たるみが気になる人を対象としたアンチエイジング化粧品
  • 肌にハリを与えてシワを目立たなくする
  • ホワイトニング効果でシミを次第に目立たなくする
  • 角質を整え、しっとりとした光沢を与えることで、くすみを取り除き一段階明るい肌にする
  • ホチキスポリマーの効果で肌をピンと引き上げ、たるみを改善する
  • 実際に試した人の感想では、2週間で効果が実感できた
  • ファンデーションを一段階明るいものに変えた人が続出

などなど(以下略)

これらのことがわかっているのでしたら、もうすぐに記事として投稿してしまいます。

記事タイトル「40代からの基礎化粧品メディエイジングを体験」

本文は、上記の調査した内容をそのまま記入します。

文字数がどうだとか、読みやすい文章に、などは今は考えません。

箇条書きのままでいいので、そのまま書きこみます。

文末に、「詳細は随時追記していきます!」と書いて、

最後にアフィリエイトリンクを貼り、記事を公開してしまいます。

これで、検索エンジンがクロールしてくれる状況を作ることができました。

あなたのブログは、今日も無事更新できたことになります。

もちろん、このままでは検索エンジンの上位表示は難しいですから、成約につながることはないでしょう。

ですが、SEO(検索エンジン対策)としては、プラス1になった、と考えましょう。

公開後の画面を自分で見てみると、文章の少なさが気になるでしょう。

ですので、まずは冒頭に文章を加えてみましょう。

ありきたりの文章で構いません。

40代以上向けの基礎化粧品シリーズ「メディエイジング」が発売になりましたね!

もうチェックしましたか?

今回は、「メディエイジング」についてまとめてみました。

これで今のところは十分です。

これで76文字も稼ぐことができました。

そして、先ほど箇条書きにした文章(調査結果)を見出しに見立てて、それぞれの項目の下に文章を入れていきます。

(タイトル)

40代からの基礎化粧品メディエイジングを体験

(冒頭文)

40代以上向けの基礎化粧品シリーズ「メディエイジング」が発売になりましたね!

もうチェックしましたか?

今回は、「メディエイジング」についてまとめてみました。

  • 商品名は「メディエイジング(仮想商品名です)」
    「メディエイジング」、いかにも効き目がありそうな商品名ですね。
    エイジングと名前についている通り、アンチエイジングに興味をお持ちの、40代以降の肌に特化した基礎化粧品シリーズになります。
  • 40代からの基礎化粧品
    40代からのお肌というのは、だんだんと「たるみ」が気になる年頃ですね。
    さらに、しわ、シミ、くすみなどにお悩みの方も多いのではないでしょうか?
    40代以降ということは、50代になっても、60代になっても、70代になっても、いくつになっても若々しい肌でいられる、そんな化粧品です。
  • 化粧水、乳液、美容液の3点セット+洗顔フォームなど
    商品ラインナップは、化粧水、乳液、美容液の3点セットを基本として、洗顔フォームやナイトクリームなどをお好みで追加します。
    3点セットだけでも十分効果を感じられる人が続出しているようですよ。

(以下略)

文章の内容について、今は「購入への導線」などをあまり意識しすぎないようにします。

ありきたりで構わないのです。

このようにして、ある程度内容を肉付けしていって、「記事を更新」します。

記事の更新 → 記事がバージョンアップされたということで、SEO的にまたプラス1になった、と考えましょう。

このように、あまりいろいろなことを考えずに、「調査結果」+「ありきたりな文章」で、とにかく文字数を増やしていきます。

ありきたりな文章で構わないのですが、

この時に、できれば「ユーザーはどんな人か?」を思い描いて文章を書くといいです。

母親の姿でもいいですし、会社にいる身近な40代以降の女性でも構いません。

「この人に、この商品を勧めるとしたら、自分はどんな風に話すだろうか?」

を想像しながら書きます。

こうすることで、

  • 商品を買う動機となる文章設計
  • 良質な文章
  • ユーザーに価値を提供できるコンテンツ

このあたりのことが自然と備わった文章になっていきます。

こうして記事の内容を拡充していきますが、「これ以上書けない」と思ったら、そこまででいいので記事を「更新」して、その日は終わりにします。

そして、気持ちを切り替えて、次の記事に取り掛かります。

手順を整理するとこのような感じです。

  1. 調査し、調査結果を箇条書きにしておく
  2. タイトルをつける。「商品名+体験!」「商品名+まとめ」など単純で良い
  3. 投稿内容に先ほどの「調査結果の箇条書き」を記入
  4. 「詳細は随時更新します!」と記入
  5. アフィリエイトリンクを入れる
  6. 記事を公開する
  7. 公開されたブログ画面を眺める(文字数の少なさを自分で客観的に見ておく)
  8. 先ほどの箇条書き、1つ1つを「見出し」に見立てて、下に文章を追記する。
    (最初は2~3行目安で良い。1行しか書けなくても自分にOKを出す。
    この記事を読むユーザーはどんな人か?を想像して書く)
  9. 文章アイディアが湧いてきてどんどん書けるようなら、そのまま続ける
  10. これ以上書けないと思ったらそこで終了。
  11. 書いた記事は更新しておく

以上です。

この手順のうち、8番が文章力を付けるトレーニングになります。

最初は2行しか書けなくても、だんだん3行、4行、5行と書けるようになってきます。

ポイントは、「ユーザーに丁寧に説明するつもりで書く」というところです。

母親に商品を勧めるとしたら、自分はどのように説明するだろうか?

を考えながら文章にしていきます。

文章として「上手」である必要はありません。

ですので、最初は気楽に、「短い文章でも、箇条書きのままでもいいんだ」という気持ちで書いていくとよいです。

それでも、SEO的にはプラス1が積み重なっていくので、作業が無駄になるということはありません。

ぜひ、試してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事はお役に立てましたでしょうか?
もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。
些細な事でも構いません。
コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

 ページ先頭へ