マインドセット 仕事

自営業の収入安定のための副業に適した仕事は?

2016/09/29

a1130_000532_m

私は長いこと個人で仕事をしてきました。

いわゆる自由業、自営業に該当します。

その前は会社で働いていましたが、その後フリーになり、以来10年以上個人で仕事をしています。

Web(ホームページ)や印刷物のデザインが主な仕事ですが、それだけだと収入がまったく安定しないので、週に2日ほど、短時間の時間講師もしていました。

時間講師の仕事は、収入の安定にはつながりましたが、時間が拘束されることが、大きなデメリットでした。

本業の制作も、忙しいときには徹夜になるぐらいの仕事でしたので、繁忙期に講師業で出かけていくのは、体力的にもキツイものがありました。

時間に自由がきいて、収入も安定する、そんな副業はないものかと、考えていたことも多々あります。

ネットビジネスなら条件はそろっている

そして、あるきっかけからネットビジネスに興味を持ち、これなら条件がそろっているんじゃないか?と思い始めました。

シマモトのプロフィールはこちら

ネットビジネスは、自宅で自分の時間を使って収入を得ることができます。

そして、誰でも、やり方さえ間違えなければ、収入を増やしていくことができます。

自営業でお店をやっている方は、自由に外出はできません。

でも、ネットビジネスであれば、店番をしながらでも取り組むことができます。

フリーランスのデザイナーなどは、少し手が空いたときに、取り組むことができます。

どこでもできる仕事で、

自分の望んだ報酬を手に入れられる。

時間もお金も自由な仕事です。

ネットビジネスも他の仕事と同じ

自分の力で自由にコントロールできる仕事ではありますが、

何の努力もなしに自由になれるわけではありません。

「継続すること」「日々取り組むこと」それを成し遂げられれば、

「収益につながる」という方法です。

 

こうして書いてみると、ネットビジネスやアフィリエイトも、普通の仕事となんら変わりません。

練習し、修行して一人前になる。

さらに継続して修行をすると、職人級になる。

そのような、れっきとした「仕事」として取り組むことができます。

 

私も本業を持ちながらネットビジネスを始めました。

最初の頃は時間がなく、毎日たくさん書けると思っていた記事も、週に2本しか書けなかったこともありました。

それでも、どうしても成功したかったので、睡眠時間を削って記事を書いたこともありました。

その作業が報われたとき、私は収入だけでなく、「ネットビジネスのコツ」をつかみ始めていました。

 

コツというのは、

私たちが取り組む「特化型ブログ」では、主に「集客」を指します。

さらに、集客したお客さま(ブログを読みに来てくれた人)に、別の記事も読んでもらうことです。

 

これは、アクセスを解析する際の「セッション数」「ページビュー数」という数字に当たります。

その数字を良くしていけば、収入が上がりました。

仕組みは単純なのです。

単価の低いクリック報酬でたくさんの収入を得るたった1つの方法

 

この集客に関する数字というのは、リアルの商売と変わりありません。

集客し、目的のもの以外にもお気に入りの商品を買ってもらう。

すると、客単価は上がり、収益が上昇していきます。

ブログを使ったネットビジネスは資産になっていく

商品を仕入れて売る、というビジネスとネットビジネス・アフィリエイトが決定的に違う部分もあります。

それは、

ブログを使ったアフィリエイトの場合には、書いた記事が資産になっていくということです。

最初の月は10個しか記事を書けず、2,000円にしかならなかった。

次の月も10個記事を書いた。先月の記事と合わせて20記事で4,000円になった。

さらに次の月も10個記事を書いた。これまでの記事と合わせて30記事で6,000円になった。

この例では、毎月10記事ずつしか記事を書いていませんが、収入は増えていっています。

労働力・労働時間は変わらないのに、得られる収入は増えていくということです。

これが、ブログを使ったネットビジネスです。

継続して作業し、集客に注力していけば、収入の上昇率を上げていくこともできます。

このように、ネットビジネスやアフィリエイトでは、やればやった分、もしくはそれ以上に、自分で収入をコントロールしていけるようになります。

 

かつての私のように、自営業や自由業で収入の安定に悩む方には、ぜひ取り組んでみては?とオススメしています。

ネットビジネス・アフィリエイト初心者が稼げるまでの方法を解説

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事はお役に立てましたでしょうか?
もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。
些細な事でも構いません。
コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

 ページ先頭へ