マインドセット

貧困連鎖を断ち切る。自分でできるビジネスを構築する

2016/09/27

a0002_008126_m

「貧困連鎖」という言葉がブームになっています。

一度「貧困」に陥ると、その罠からなかなか抜け出せない、そんなニュアンスを含む言葉でもあります。

貧困連鎖の被害者は、子どもだけではありません。

成人した大人であっても、貧困の連鎖から抜け出せずに苦しんでいる人がたくさんいます。

新卒で正規社員として就職できたはいいけれど、何かの事情で退職することになる。

そして、次の就職先でもなぜかうまくいかずに、退職を選ばざるを得なくなる。

決して本人のせいではなく、そこには様々な事情があります。

東洋経済オンラインの記事「25歳男性を苦しめる「貧困連鎖」という呪縛」では、子どもの頃から貧困家庭に育ち、公立の大学を出ながら、1つ目の就職先はブラック企業で体を壊し、次の就職先では正社員から契約社員への条件変更を申し渡され、仕方なく退職したという25歳の男性を取材しています。

この記事でも、貧困に陥るのは決して本人のせいではありません。

例えば、怠け心から会社をサボってしまうとか、ギャンブルが好きで借金苦に陥るとか、本人に責任があるなら、むしろ解決方法はハッキリと見えます。

では、本人のせいではないのに、貧困連鎖が起きてしまう場合、原因はどこにあるのでしょうか。

この記事の中で、このような記述がありました。

一方で、周囲と同じように塾に行ったり、進学先などの制約なしに大学受験に挑戦したりできていれば、もっと多様な選択肢があったはずだ、もっとまともな会社に就職できたはずだ、といった悔しさも捨て切れないという。

塾に行けなかったから、学費を気にして受験や進学に制約があったから、それが貧困連鎖の原因だと、本人自身が思ってしまっています。

でも、本当にそれが原因でしょうか?

最初の会社がブラックだったことは、本人のせいではありません。

正社員から契約社員に契約変更されたのは、本人のせいではありません。

社会には、理不尽なことがたくさんあり、私たちはそんな理不尽と戦っていかねばなりません。

そこで、負けの原因を「自分の生い立ちにある」と結論付けてしまっては、一生社会の理不尽さに叩かれ続けなくてはならなくなってしまいます。

このような心理状態は、貧困の連鎖でコンプレックスがとても大きくなり、どこか卑屈で、ネガティブのループに陥ってしまっているとも言えます。

あなたのせいではない

もし、この記事のような境遇にある方が、この投稿を読んでくださっているのでしたら、

就職に失敗したのも、契約変更されてしまったのも、あなたのせいではないです、と言いたいです。

会社は、実際に働いてみなければ労働条件のおかしさに気づけないことも多々あります。

一度正社員で採用したものの、会社の経営的な判断から、リストラや正社員をアルバイト待遇に変更するなどの措置を取らなければならないこともあります。

それは、働いているあなたの生い立ちが原因ではありません。

明らかに相手が悪い、相手がおかしいということもたくさんあるのです。

貧困連鎖を断ち切るために

貧困連鎖からどうしても抜けきれないと感じるとき、その時には、自分のビジネスを構築するといいです。

自分でビジネスを構築してしまえば、理不尽な待遇を強いる会社からも抜け出すことができます。

あなたが自分で収入をコントロールできるようになります

「貧困連鎖」にあなたを巻き込んできた両親の存在があるのだとしたら、

その両親にも、あなたが望むのであれば、今後は楽をさせてあげることができます。

 

「貧困連鎖」という言葉ができてしまったから、それは断ち切れないもののように捉えられてしまいがちです。

ですが、今の日本は、「貧困家庭に育ったから一生貧困である」と結論付けるほど、自由のない社会ではありません。

どのような家庭に育った人であれ、自分の力で、生い立ちを覆すことだってできる社会です。

貧困がイヤだったのならば、「お金を十分に得る」ということに意識をフォーカスして、ビジネスを構築していきましょう。

貧困連鎖に勝つビジネス

このサイトで私が解説しているのは、ネットビジネスのひとつです。

ブログに記事を書いてクリック報酬型広告で収入を得ていくというビジネスです。

この方法を実践していただければ、3ヶ月以内には現在の収入にプラスして毎月10万円の報酬を得ることができます。

さらにしっかり取り組んでいけば、月に50万円、100万円を稼ぐのも難しくはない。そんなビジネスになります。

こういったビジネスには、元手がほとんどかかりません。

一番大きな投資はパソコンですが、それも高スペックなものは必要ありません。

インターネットとメールができれば十分です。

そして、月額500円ぐらいからのサーバー、年間1,000円程度の「ドメイン」があれば始められます。

事務所も必要なく、人に会う必要もなく、在宅で、たった一人で始めることができます。

あなたの知識を記事にして、読者を集めれば、それで1つのビジネスになります。

実際に私は、この方法でビジネスを始め、本業の仕事の合間に作業をしながら、最初の1ヶ月で1万円という報酬を得ました。

次の月には3倍、さらに翌月にはその3倍、と報酬を伸ばしていくことができました。

 

 

私がビジネスを始めた理由は、取引先の倒産で収入が激減したことでした。

借金をして負の連鎖に陥ることは避けたかったので、起死回生のつもりで取り組みました。

そして、今では金銭的な自由を手に入れられるようになりました。

シマモトのプロフィールはこちら

 

このサイトでは「貧困連鎖」にも勝てるビジネスモデルを解説しています。

まずは仕事をしながらでも始められ、収入が軌道に乗ったら、脱サラをして専業で取り組むのが良いです。

もしあなたが今すでに会社を辞めているのでしたら、今すぐにでも専業で始められるビジネスです。

まずは3ヶ月取り組めば、これまでのお給料を超える収入が見えてきます。

半年間しっかり取り組めば、これまでに味わったことのない、金銭的な自由を手に入れることができます。

まずは、こちらのページで、稼げるまでの流れを解説していますので、読んでみてください。

ネットビジネス初心者が稼げるまでの方法を解説

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事はお役に立てましたでしょうか?
もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。
些細な事でも構いません。
コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

 ページ先頭へ