SEO 特化型ブログアフィリエイト

Googleサーチコンソールの導入でインデックススピードを早める方法

せっかく書いているブログを、検索結果に効率よく掲載するためにGoogleサーチコンソールと連携します。

ブログの作成でXMLサイトマップに関するプラグインを導入しました。

XMLサイトマップ作成プラグイン「google xml sitemaps」の設定方法

このサイトマップのアドレス(URL)をサーチコンソールに送ることで、Googleのデータベースに登録します。

また、サーチコンソールの「Fetch as Google」(クロール依頼)を使い、新しく書いた記事のインデックススピードを早めることができます。

何もせずに待っているだけでは、検索エンジンにはなかなか登録されません。

特に新しくブログを作ったばかりのときには、早く検索結果に掲載されるよう、サーチコンソールを活用します。

それでは、サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)の登録方法と、使い方を解説します。

サーチコンソールへの登録方法

サーチコンソールはこちらです。

こちらをクリックしてページを開いてください。

Google Search Console公式サイト

Googleアカウントでログインします。Googleをまだ作成していない場合は作成してからログインしましょう。Googleアカウントはアナリティクス(アクセス解析)でも使いますので、ぜひ登録しておきましょう。

xml_sitemaps02

このような画面が表示されます。

赤枠で囲った部分に、登録したいブログのアドレス(URL)を入力します。

入力が終わりましたら、右にある「プロパティを追加」をクリックします。

すると所有権の確認に進みます。

所有権の確認とは、本当にそのブログ(アドレス)があなたのものかどうかを確認するプロセスになります。

所有権を確認する方法はいくつかありますが、ここではWordPress上で設定できる方法を解説します。

「おすすめの方法」の右にある「別の方法」というタブをクリックします。

xml_sitemaps03

すると、このような画面になりますので、「HTMLタグ」をクリックして選択します。

すると、以下の画面のように、タグが表示されます。

<meta ~>から始まるタグをコピーします。

xml_sitemaps04

タグをコピーしましたら、ワードプレス(あなたのブログ)の管理画面を開きます。
※サーチコンソールの↑の画面も開いたままにしておいてください。

ワードプレスでは、ダッシュボードの左側のメニューから、
【外観】→【テーマの編集】を開き、【テーマヘッダー(header.php)】を開きます。

xml_sitemaps07

ソースコードの中に</head>という行がありますので、その1行上に、先ほどの<meta ~>から始まるタグを貼り付けます。

貼り付けができましたら、下にある青い「ファイルを更新」ボタンをクリックします。

 

次に、再びサーチコンソールの画面に戻ります。

先ほどの画面が表示されていると思いますので、「確認」のボタンをクリックしてください。

xml_sitemaps08

「http://○○○/の所有権が確認されました」と表示されて、登録が完了します。

xml_sitemaps10

続いて、続行をクリックします。

サーチコンソールでXMLサイトマップを登録する方法

サーチコンソールのダッシュボードの「クロール」の中にある「サイトマップ」をクリックします。

xml_sitemaps11

すると、以下のような画面になりますので、画面右にある赤いボタン「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。

xml_sitemaps12

すると、赤いボタンの下に小窓が出てきますので、XMLサイトマップのURL(アドレス)を入力します。

XMLサイトマップのアドレスがわからない場合は、こちらの記事を参考に、XMLサイトマップのURLを調べます。
XMLサイトマップ作成プラグイン「google xml sitemaps」の設定方法

最後に「サイトマップを送信」をクリックします。

これでサイトマップの登録は完了です。

このあと検索エンジンのクローラーというロボットコンピュータが、あなたのブログに巡回に来ます。その後、遅くとも数日以内にはインデックスされ、検索結果に表示されるようになります。

早くインデックスされるために、Fetch as Google(フェッチ・アズ・グーグル)を使う

Googleサーチコンソール導入の最大の目的は、「早くインデックスされること」です。

ブログを作った直後や、新しい記事を書いた直後は、誰もその記事のことを知りません。

検索エンジンに載るようになって、ようやくユーザーが訪問してくれます。

ですので、早くインデックスされれば、それだけ早い時期にユーザーがくることにもつながります。

そこで、Fetch as Google(クロール依頼)というものを使います。

Fetch as Googleを使えば、早々にブログにクローラーがやってきて、ページをインデックスするべく巡回してくれます。

Fetch as Googleの使い方

サーチコンソールのダッシュボードの「クロール」の中にある「Fetch as Google」をクリックします。

xml_sitemaps14

まず、上記①の欄にインデックスさせたいブログ記事のURLを入力します。

次に②の「取得」をクリックします。

すると、下の欄に③の「インデックスに送信」ボタンが表示されますので、それをクリックしてください。

xml_sitemaps15

このような確認画面が出てきます。

まずは「私はロボットではありません」にチェックを入れます。(ロボットによるスパム的な登録を防ぐためのものです)

  1. 「このURLのみをクロールする」は、先ほど送信したページのみをクロールします(月500回まで可)
  2. 「このURLと直接リンクをクロールする」は、先ほど送信したページと、そのページからリンクされているリンク先ページもクロールします(月10回まで)

通常、ブログ記事を更新したときには1.を選べばいいでしょう。

ブログのTOPページのURLをクロールするときは2.を選びます。

「送信」をクリックします。

これでURLの送信は完了です。

 

このFetch as Googleを使えば、ブログ記事にクローラー(巡回ロボットコンピュータ)を予備ことができます。

クローラーが来てくれれば、ただ待っているよりも早くインデックスされますので、検索結果に掲載されるのも早くなります。

新しくブログ記事を書いたら、必ず「Fetch as Google」を行うようにします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事はお役に立てましたでしょうか?
もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。
些細な事でも構いません。
コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

 ページ先頭へ