ワードプレス 初心者講座

Googleアナリティクスの設定方法と初めての解析の読み方

2016/09/21

Googleアナリティクスは、アクセス解析と呼ばれるもののひとつです。

ブログとGoogleアナリティクスを連携させることにより、アクセス解析を行うことができます。

アクセス解析とは、

  • ブログにアクセス数がどれぐらい来ているか(セッション数)
  • ブログのページが何ページ見られているのか(ページビュー数)
  • ユーザーはどこの地域の人が来ているのか
  • どんなキーワードで検索してきたのか
  • 直帰率はどのくらいの割合なのか
  • どのページが人気なのか
  • 逆に、あまり読まれていないのはどの記事か
  • ユーザーがブログに滞在している時間はどのくらいなのか

などなど、実にさまざまな情報を知ることができます。

この情報を元に、ブログを改善したり、記事を追加していくことが、アフィリエイトでは重要になります。

Googleアナリティクスは無料です。

一度設定してしまえば、あとはレポートを見るだけですし、導入も短時間で終わりますので、ぜひ設定しておくようにしましょう。

Googleアナリティクスの設定の仕方

グーグルアナリティクスの公式サイトはこちらです。
クリックして開きましょう。
Googleアナリティクス公式サイト

Googleアカウントをすでに持っている場合には、「ログイン」をクリックします。

アカウントを持っていない場合は、「アカウントを作成」をクリックして、Googleアカウントを作ってからログインします。

(Googleアカウントは、サーチコンソールでも使いますので、ぜひ作っておきましょう)

analytics01

すると、以下のような画面になりますので、「お申込み」をクリックします。

analytics02

続いて、アカウントの設定をします。以下のような画面になりますので、入力をしていきます。

analytics03

アカウント名:ブログのアカウント名を決めます。わかりやすいものにしておけば大丈夫です。

ウェブサイトの名前:ブログの名前を入力します。

ウェブサイトのURL:ブログのTOPページのアドレスを入力します。

業種:アフィリエイト(ネットビジネス)ですので「インターネット、通信事業」、または、特化型ブログで「エンターテインメント」だと言える場合は、エンターテインメントを選ぶなど、ブログの特性に合わせたものを選びます。

レポートのタイムゾーン:日本に住んでいる方は「日本」を選択してください。海外にお住まいの方は、お住まいの国を選択します。

 

続いてデータ共有の範囲について答えます。

基本的には、「推奨」の書かれている項目はチェックしておいて問題ありません

analytics04

ここまで終わりましたら、「トラッキングIDを取得」をクリックします。

次に、Googleアナリティクスの利用規約が表示されますので、左下の「同意する」をクリックします。

すると、Googleアナリティクスのトラッキングコードが表示されます。

ウェブサイトのトラッキング

これは、このプロパティのユニバーサル アナリティクス トラッキング コードです。
このプロパティでユニバーサル アナリティクスのメリットを最大限に活用できるよう、このコードをコピーして、トラッキングするすべてのウェブページに貼り付けてください。

以下で図示した部分(↑の下)の赤枠内のコードを全て選択をしてコピーします

analytics06

ワードプレスにトラッキングコードを埋め込む

続いて、Googleアナリティクスと連携するブログのワードプレス管理画面を開きます。

先ほどのGoogleのトラッキングコードの画面は残しておきたいので、ブログはブラウザの他のタブで開くようにしましょう。

ワードプレスの管理画面で、「外観」から「テーマの編集」をクリックします。

analytics07

次に、右側にある「ヘッダー」という文字をクリックします。

analytics08

ヘッダーのソースコードが表示されますので、ここから</header>を探します。

たいていのテーマ(デザインテンプレート)で一番下の方にあります。

見つからない場合は、「Ctrl」キーを押しながら「F」キーを押して、ページ内検索で「</header>」と入力します。

すると、検索結果で1件見つかり、</header>の部分が赤い字で表示されます。

そして、その</header>の1つ上の行に先ほどコピーしたGoogleアナリティクスのトラッキングコードを貼り付けます。

analytics09

貼りつけができましたら、一番下にある青いボタンの「ファイルを更新」をクリックすれば完了です。

analytics10

Googleアナリティクスの見方。初めて見る方のポイント

設定が終わると、Googleアナリティクスでブログのアカウントを選択すると、以下のような解析画面を見ることができます。

設定したばかりのときは、データも反映されていませんし、まだ訪問者もいない状況である場合が多いので、「0」と表示されていると思います。

analytics11

このように、いろいろな項目が並んでいますが、最初にチェックしたいのは、赤枠の中の「セッション」「ページビュー数」です。

セッションが、訪問者が来た数。

ページビュー数は、何ページ見られたか、の数値になります。

 

最初の頃は当然検索エンジンの上位には載っていませんので、「ほとんど来ない」のが当たり前です。

それでもへこまないようにしましょう!

ブログを更新していれば、いずれ必ず大きな山型がグラフに現れます。

 

セッション数、ページビュー数が伸びてきたら、次に気にしたいのは「直帰率」の数値です。

「直帰率」は、ページに訪問したユーザーの方が、他のページに移動せずにそのまま「戻る」ボタンを押したり、「閉じる」ボタンで閉じてしまうなど、「直帰してしまった割合」の数値になります。

一般的に直帰率は70~85%程度が平均値と言われていますが、ブログ特性やジャンルによっても変動がありますので、一概に「これぐらいだといい」というのは言えません。

ですが、この直帰率はGoogleの検索結果評価に影響する重要な項目です。

直帰率は低い方が高評価になります。

直帰率が低いということは、ユーザーにブログの記事がじっくり読まれ、関連記事なども読みに行っている、ということになります。

これは、「ユーザーに有益なコンテンツ」であることのひとつの指標となるのです。

ユーザーに有益なコンテンツを提供しているブログやサイトを、グーグルは高く評価します。

高評価を得られれば、結果として、検索結果の上位に表示されますので、アクセスをたくさん集められるようになります。

 

私は講師をしていた経歴から、ブログやネットビジネス、アフィリエイトの相談を受けることがあります。

そのときにも、このアナリティクスの数値は大事な判断基準になります。

まず、アクセスがどれぐらい集まっているか?を見ます。

そして、記事を更新しているにもかかわらず、なかなか収益につながらない場合は、検索ワードや直帰率などを見ます。

それらの数値を見ることで、ブログの問題点が把握できますし、改善策も見つけやすいからです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事はお役に立てましたでしょうか?
もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。
些細な事でも構いません。
コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

 ページ先頭へ