ワードプレス

引越にも!テーマもプラグインも一緒にWordPressサイトを丸ごとコピー複製できるプラグイン

2016/10/17

今日はWordPressのプラグインの話です。

特化型トレンドブログを運営する際、ドラマやアニメ、映画のサイトですと、トレンドが過ぎればアクセスは減っていきます。

トレンドを迎えたときには一気にアクセスが集まるのが魅力ですが、トレンドが過ぎるのも早いです。

ドラマや、アニメなどは1クールが約12回ですので、トレンドが来ても約3ヶ月程度ということになります。

回数が決まっているものであれば、トレンドの終わりというのもあらかじめハッキリ見えています。

ですので、そのトレンドが終わる前に、「次にトレンドを迎えるもの」を用意しておく必要があります。

特化型トレンドカレンダー

この図のように、次のトレンドに向けての準備をしておきます。

その時に、また1からWordPressを設定するのはとても大変なことです。

そんなときに役立つプラグインが、

「All-in-One wp-migration」です。

All-in-One wp-migrationの特長

WordPressでは、プラグインもテーマも設定も丸ごとコピーしようというときには、データベースのバックアップを取り、それを新しい環境で復元する、という方法を取ります。

でも、その技術は、一般的にはハードルの高いものと言えます。

このAll-in-one wp-migrationを使えば、

  • 今あるAというサイトのプラグインもテーマも設定も丸ごとバックアップ
  • 新しいBというWordPressに丸ごと復元

という夢のようなことができてしまいます。

プラグイン自体は英語ですが、操作は簡単なので、「FILE」や「CONTINUE」程度の英語がわかれば操作できます。

 

All-in-One wp-migrationのインストール方法

  1. WordPressのダッシュボードから、「プラグイン」→「プラグインの新規インストール」と進みます。
  2. 検索入力欄に、「All-in-One wp-migration」と入力して検索
  3. 「All-in-One wp-migration」が見つかりましたら、「今すぐインストール」
  4. 「有効化」ボタンをクリック
  5. すると、ダッシュボードの左メニューに「All-in-One wp-migration」の項目が出現します。

migration01

All-in-One wp-migrationサイト移設の流れ

  1. 元のサイトA、及び新しいサイトBの両方にAll-in-One wp-migrationをインストールし有効化します
  2. 元のサイトAでAll-in-One wp-migrationの「エクスポート(書き出し)」を行います
  3. エクスポートファイルは自分のパソコン上にいったん保存します
  4. 新しいサイトBでAll-in-One wp-migrationの「インポート(読み込み)」を選択
  5. パソコン上に保存したファイルをアップロードすれば、サイトの丸ごとコピーが完了します

【サイトA(元のサイト)】のエクスポート作業

All-in-one wp-migrationでは、サイトのデータは専用のファイルをエクスポート(書き出し)して保存します。

以下の画面で「FILE」を選択します。

migration02

エクスポート作業の際には、設定の画面で以下のこともできます。

  • データベース内にあるテキスト(文字列)、URLなどを置換する
  • エクスポートしたくないデータがある場合、対象データを除外する
    (現在除外できるのは、スパムコメント、投稿の編集履歴、メディアライブラリ(画像等)、テーマファイル、プラグインファイル、データベース、EMAILドメインとなっています)
    除外指定に何も指定しなければ、ブログのデータを丸ごとエクスポートします。

migration03エクスポート中

migration04完了表示。「DOWNLOAD○○」をクリックして、
データをダウンロードする。

【サイトB(移行先のサイト)】のインポート作業

次は移行先(サイトB)での作業です。

移行先サイトのAll-in-one wp-migrationから「Import」を選択します。

先ほど自分のパソコンにダウンロードしたファイルを、サイトBにインポート(取り込み)します。

インポートを実行すると、サイトB(移行先)のデータ(投稿、画像、テーマ、プラグイン、ユーザー情報、データベース)がすべて上書きされます。

migration05

migration06インポート中

migration07確認画面
このインポート作業では、あなたのデータベース、メディア、
プラグイン、テーマを上書きします。
次のステップに行く前に、バックアップを取ってください。
という警告画面です。

ここで「CONTINUE」をクリックするとインポートを完了します。

migration08完了画面

無料版の制限:最大アップロードサイズは512MBまで

インポートの際、無料版のAll-in-one wp-migrationでは最大512MBまでしかアップロードできません。それ以上のサイトデータがある場合には、有料版を購入します。

まとめ:設定まで丸ごとコピーしたWordPressが簡単にできます

アフィリエイトやネットビジネスをやっているとWordPressをいくつも作ることがあります。

私の場合、特化型トレンドブログだけでも、1クール(3ヶ月)で最低3つぐらいのワードプレスを作ります。

特化型トレンドブログの場合には、ひな形はほぼ同じでいいですし、また導入するプラグイン、テーマ、設定も同じでいいので、その分、作業スピ-ドを上げようと思っています。

ですので、記事をまだ書かない状態で設定済みのエクスポートファイルを1つ作っておき、新しいブログを作った時には、まずインポートします。
そこから、サイト名を入れたり、背景の色を変えたり、と、そのブログ独自のアレンジをします。

プラグインやテーマはインストール&設定済みの状態になりますので、簡単なセットアップだけで、すぐに記事に取り掛かることができます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事はお役に立てましたでしょうか?
もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。
些細な事でも構いません。
コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

 ページ先頭へ